2024年5月新作ボードゲーム紹介 -9選-

Zizenセレクション

※この記事ではプロモーションが含まれています。

2024年5月に販売される新作ボードゲームの中で私”ジゼン”が気になっている作品を抜粋して紹介させていただきます。今月はゲームマーケット2024春直後のため、豊作月です!!ゲームマーケットで先行販売されていた作品が一般発売されるため、ゲムマに行けなかった人は今回手に入れるしかないです✨

スポンサーリンク

引用元:https://arclightgames.jp/product/797lkj

プレイ人数プレイ時間対象年齢定価発売日
1~4人30分10歳から3,960円5月16日

『スポッツ』は、可愛いダルメシアンの模様をサイコロの目で完成させていくダイスロール×バーストゲームです。プレイヤーは様々なのアクションを通してサイコロを振り、自分の「イヌカード」の完成を目指していきます!「イヌカード」に埋められない出目は庭に溜まっていき、出目の合計が8以上になるとバーストしてしまいます。イヌを完成させるためや、バーストを防ぐために、「ホネ」を消費したり、6種類あるアクションタイルを使ってうまくやりくりする必要があります。全部で22種類あるアクションタイルのうち、6種類しかゲームに使用しませんので、毎回異なるバリエーションのゲームと戦略が楽しめます😊可愛い見た目と裏腹にギャンブル要素がある緊張感ドキドキのプレイをぜひ味わってください♪

引用元:https://hobbyjapan.games/anarchypancake

プレイ人数プレイ時間対象年齢定価発売日
2~6人5分8歳から3,080円5月

『アナーキーパンケーキ』は『ドブル』をちょっとひねった興奮のカードゲームです。ゲームでは、各自に7枚配られ並べられた、いろいろな(風船やステーキやドーナツやキュウリやカエルなどなど32種類中6種類の)ものがトッピングされたパンケーキを、同じトッピングがあるほかのプレイヤーに押し付けあうことになります(ドブルと同じルール)。ただし、でっかいトッピングが1個だけ乗っているパンケーキもあるのでご注意を!ゲームは自分の前のパンケーキをすべて押し付けるのに成功した人が勝利し、先に2勝したプレイヤーが勝者となります。ゲームの基本は『ドブル』と同じ、アートワークとノリは『こねこばくはつ』と同じですが、このありえないタッグによる、ちょっとしたひねりのきいた特殊カードと専用の遊び方のおかげで、普段の『ドブル』とは一味違ったカードゲームとなっています🤩

引用元:https://hobbyjapan.games/preyanotherday

プレイ人数プレイ時間対象年齢定価発売日
2~5人15~20分8歳から2,970円5月

『プレイアナザーデイ』は5種類ある動物カードの中から動物を選び、相手を狩ったり狩られたりするブラフと推測のパーティ・カードゲームです!各プレイヤーはクマ、オオカミ、ヤマネコ、フクロウ、ネズミの5枚のカードを持ち、ゲーム中にそれらをプレイすることで他プレイヤーを狩ったり、狩られたりします。強い捕食者のカードを出して狩ることを目指しますが、単に強いカードを出すだけでは勝てません。バッティング要素があるので、どのタイミングで強いカードを出して狩るかが最重要ポイントで一番盛り上がるところです。3回狩りをプレイしたか生き残ったプレイヤーが1人になるとラウンドが終了し、それぞれの状況に応じてごはんマーカーを分配します。最初に5つのごはんマーカーを獲得したプレイヤーが勝者となります🤗

引用元:https://oinkgames.com/ja/games/analog/moving-wild

プレイ人数プレイ時間対象年齢定価発売日
1~6人20分8歳から2,970円5月3日

『ゆくカバくるカバ』は、場所やどうぶつカードを過不足なくマッチさせていき、ナショナルパークを作るゲームでドラフト形式のゲームになります。どうぶつをたくさん集めるほど高得点になりますが、そのためにはまずそれぞのどうぶつに適した場所を用意しないといけません。場所を用意できなかった場合はマイナス点になり、しかも同じ場所には入れられないどうぶつもいるのです!どうぶつは全13種。ゲームはカードを一枚ずつ取ってまわす「ドラフト」形式で、どうぶつカードやエリアカードの中から、どのカードを先に取ってまわすかが悩ましいです。その分、どうぶつたちをきれいに場所に配置できた時の爽快感は半端ないです。「場所が足りない!」「どうしよう、収まりきらない…」「このどうぶつ、ラッキー!」短いプレイ時間の中に、パークを運営する苦悩も喜びも、たくさんの魅力がぎゅっと詰まった、気軽さと本格的なゲームの楽しさを兼ね備えた作品です🤗

引用元:https://sunny-bird.com/new_event/3936/attachment/%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%ac/

プレイ人数プレイ時間対象年齢定価発売日
2~40人30分13歳から3,850円5月24日

『ディヴィナーレ』は、4種類あるタロットカードの各枚数を当てることを目的とした推理ゲームになります。1ゲームでは全36枚中24枚を使用します。プレイヤーは1ターンに1度自分のタロットカードを出して、対応する種類のタロットカード数を予想します。残り手札枚数に応じてプレイヤー間での手札交換も行っていきます。こうして今回のゲームで使用されているタロットの枚数を確認していき、予想していくことになります。予想できるのは出したタロットカードの種類のみなので、数が分かっていてもそのタロットカードを持っていないと予想ができません😂日本語版がずっと絶版で再販が待たれていた作品であり、今回はアートワークやコンポーネントをリニューアルして再登場しました!!霊媒師の世界感がアートワークでは表現されており、味のある見た目が私にはドハマりな作品です✨

引用元:https://forgames.jp/game06

プレイ人数プレイ時間対象年齢定価発売日
2~6人10~20分8歳から1,980円5月14日

『みんなでアテタンゴ』は、親プレイヤーだけが分かっているお題を子が質問していき当てる、会話型推理ゲームです。親になったプレイヤーはお題を確認して、質問カードに順番に回答していきます。一つの質問ごとに子プレイヤーは1回お題を推理することができます。お題を当てられた子プレイヤーはお題カードを得点として受け取ります。各プレイヤー2回ずつ親を担当したらゲーム終了で、お題カードを一番獲得しているプレイヤーが勝者となります。質問の組み合わせは1万1880通りあり、それぞれの感性で答え方が変わり、遊ぶたびに体験が変わります。対戦と協力の2つのルールを収録しており、幅広いシチュエーションに対応しています。「トラベルルール」を採用することで、相手の思い浮かべているボードゲームや漫画を当てるといった遊び方もできます。ボードゲーム初心者の方にも遊びやすく、アイスブレイクにピッタリなゲームになっています😊

引用元:https://jelly2games.com/pueblo

プレイ人数プレイ時間対象年齢定価発売日
2~4人60分10歳から5,940円5月11日

『プエブロ』は、首長から依頼を受けたプレイヤーである建築家たちが、新しく巨大なプエブロの建築を行う立体型アブストラクトゲームです。手番になったら自分のブロックを中央ボードに置いていきます。しかし、首長がボードの外周を見回っており他プレイヤーのチクリにより首長に自分の色のブロックが見られてしまうとペナルティを受けてしまいます!また、首長は横だけではなく真上からも見ることがあるため、単純な建設方法ではばれてしまいます。いかに自分だけペナルティを受けずに建設できるか、どうやって他プレイヤーにペナルティを受けさせるか、立体ブロックならでは創造力が必要なアブストラクトゲームになります🤗いつもと違ったアブストラクトゲームがしたい人にはピッタリです✨

引用元:https://www.asobition.com/zahab

プレイ人数プレイ時間対象年齢定価発売日
2~4人40~60分10歳から4,400円5月24日

『ザハブ』は、アラブの商人となり、交易を行って砂漠の有力者に取り入って勝利点を獲得するロンデル形式のゲームになります。ロンデルとは、円形のボードを周りながらアクションを実行していくシステムです。手番にはロンデルを進んでアクションを実行していくのですが、2マス以上進むには追加のリソースを払う必要があり、他プレイヤーがいるマスにも止まれず、思うようには進めません😂マスにはリソースの獲得や交換、交易カードの獲得や使用といった様々なアクション効果があり、それらを効率よく発動していくことで勝利点を稼いでいきます‼交易カードを使った戦略がポイントであり、精霊力を上げることが求められます。アートワークやコンポーネントは豪華であり、この内容でこの価格はお手頃過ぎます😊

引用元:https://cmonjapan.shop/collections/%E6%96%B0%E5%95%86%E5%93%81-%E5%86%8D%E5%85%A5%E8%8D%B7/products/pointcity

プレイ人数プレイ時間対象年齢定価発売日
1~4人15~30分10歳から4,180円5月24日

 『ポイントシティ』は、150種類以上の個性豊かな建物を建設して勝利点を稼いでいく拡大再生産カードゲームです。手番に行うことはいたってシンプルで次の2アクションの内一つをプレイするだけ😏
1.共通の場から縦or横に隣接している2枚のカードを獲得
2.資源を支払い建物を建設
建設された建物は、今後の手番で、ボーナスや勝利点、資源を発生させます。最終的に、勝利点が最も多い都市を建設したプレイヤーの勝利となります!簡単なルールなのに拡大再生産の醍醐味が味わえるため、ボードゲーム初心者からベテランまで、幅広く楽しめる街作りカードゲームです😊

私”ジゼン”が今回最も推している作品はスポッツになります。
今回のゲームマーケットで注目されていた作品の一つであり、開始早々に売り切れておりました!!私は早期入場で入手しに向かったので、なんとか購入することができました✨見た目が可愛いダルメシアンがたくさん描かれており、サイコロの目を模様として表現している発想が気に入っています。普通のサイコロではなく、ダルメシアンの模様風にアレンジしてあるのもオシャレポイントです😁見た目とは裏腹にギャンブル要素があるので、ギャンブル好きにはオススメです😊

先月にゲームマーケットもあり新作が目白押しです✨ボードゲーマーには嬉しい月であり、お財布には優しくない月でもありますね😏(笑)私はゲームマーケットで散財してきたので、今月もうボードゲームは買いません!!様々なボードゲーム出版社さんが新作を発売しているので、好きな出版社さんのゲームを買うのもいいですし、ゲームマーケットで話題になった作品を手に入れるのもいいですね。ゲムマの話題作はすぐ品切れになってしまうので、今の内に手に入れておきましょう♪

スポンサード

コメント

タイトルとURLをコピーしました